映画のチケット

ある新聞のコラムにあった話です。たぶん実話でしょうね。

 田舎からおじいさんが街に出てきました。おじいさんは町でゆっくりと遊んだ事は一度もありませんでした。通りを進んでいくと広場に出ました。そこには映画館があり面白そうな映画を上映していました。

 おじいさんは映画を見たくなりましたがどうやって見て良いのか分かりません。しばらく周囲の人を観察しているとみんなチケット売り場で入場券を買っている事に気がつきました。『そうか、あそこで切符を買えばいいんだな。』おじいさんは入場券売り場に並びました。

 おじいさんはどう言って買えば良いのか分かりませんでした。そこで前の学生の様子を見て買うことにしました。
学生『学生1枚お願いします。』

 おじいさんはそうかああやって買えばいいんだと思いました。すぐおじいさんの番になったのでおじいさんは

おじいさん『農民1枚』
 おじいさんは自分の職業を言うものだと思ったようです^^。

<おしまい>
広告
カテゴリー: むだな話 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中